浜松地域の子育てママ向けスマホメディア「オンモプラス」が2022年12月にリニューアル。
KOSODATE BASE HAMAMATSU(子育てベースはままつ)として生まれ変わりました。

まるごと×モスバーガーの毎年恒例の静岡限定商品が今年もやってきました

目次

まるごと×モスバーガー第三弾

今年もやってきました。

この季節。

昨年も、

私の記事でご紹介しました。

まるごと×モスバーガーの

コラボ企画

今年は、

ついに第三弾になりました。

2019年の

アジフライバーガー

2020年の

かつおメンチカツバーガー

も静岡の特産を活かした

斬新かつ味わい深い

ハンバーガーの登場でした。

今年は…

というと。

!!!!????

ハンバーガーにみかん?

という、

なんとも挑戦的な商品が

出来上がりました。

2年間続いた

お魚バーガーを打ち破ったのは、

まさかのみかんです。

驚きと不安のハンバーガー。

これは、

怖いもの見たさ…?

で、試しにいかないと。

2月5日から販売開始された、

まるごとバーガーを

食べにいざモスバーガーへ。

まるごとバーガー

今年の

まるごとバーガーは

2種類用意されています。

その名も、

まるごとバーガーホットチリ

まるごとバーガーミートソース。

わかりやすく、

辛いバーガーと

甘いバーガーです。

実はこのバーガーは、

静岡のアイドル

久保ひとみさんのアイデア。

静岡の名産の

温州みかんを使った

ハンバーガーをと考え、

久保ひとみさんが描かれた

スケッチを元に実現された

ハンバーガーです。

番組を拝見しましたが、

ここまでの道のりはとても長く、

何度も没になったそう…。

みかんの主張が強くて、

他の具材との調和ができなく

諦めていた企画だったそうです。

それが、

モスバーガーの方の企業努力で

みかんをハンバーガーの中に入れても

しっかりとまとまった味を醸し出す

ことに成功しました。

見事この2021年にお披露目に

漕ぎ着けた努力の賜物バーガー

なのです。

無茶難題とも言える

久保ひとみさんのアイデアを

形にするまで、

試行錯誤を繰り返し、

いくつもの没商品を乗り越えて

ここに登場なのです。

これは、

モスバーガーさんへの

敬意を表して

心していただきたいです。

うずまき状のソーセージの上に

ローストされたみかんが

のせられたハンバーガーですが。

このうずまきソーセージにも

意味があるんですよ。

まるごとの番組の

ロゴがうずまきなんです。

番組愛ですね〜。

でも、

そのソーセージが

功を奏してみかんとの

ハーモニーが絶妙な

ハンバーガーになったと思います。

◎まるごとバーガーホットチリ

番組ロゴのうずまきを表した

うずまきソーセージに

アクセントになる

ホットチリソース。

その上に、

鉄板で焼いたみかんを

のせてバンズで挟んでいます。

今回の主役である、

温州みかんは、

焼くことで甘みが増すそうです。

ジューシーで

プリっとしたソーセージの

旨みと。

ホットチリソースの辛みで。

甘み旨み辛みの

三味一体となって

全体を引きしめ、

ほかにはない絶妙な

ハーモニーが楽しめるハンバーガーです。

◎まるごとバーガーミートソース

私のように辛い物が苦手な方や

子どもたちには

まるごとバーガーオリジナルの

ホットチリソースではなく、

モスオリジナルのミートソース。

このミートソースは、

モスバーガーファンは

みんな大好物の味ですよね。

安定のミートソースで、

シンプルなハンバーガーに

仕上げています。

焼いて甘みが増したみかんと

コクのあるミートソース

ジューシーなうずまき状のソーセージが、優しい味わいを

産み出したハンバーガーです。

辛さが若干苦手な私は、

ミートソースの

まるごとバーガーを

いただきました。

見るからにいつもと

様子が違います。

緑が一切ない、

暖色オンリーの

ハンバーガー。

バンズをチラリと

めくってみると…。

温州みかんの輪切りが

ドーンといらっしゃいました。

恐る恐る口に入れてみると…。

みかん合う!!

主張し過ぎず、

でもしっかりみかんがいて、

調和が取れています。

ソーセージの脂っこさが

みかんで緩和されて、

ミートソースの甘さと

相まっています。

子どもが喜ぶバーガーだと

思い出します。

きっと、

みかんを焼いたことで、

みかん特有の酸味や、

ぷりぷり感が薄れて

しっとりした感じになったのかな

と思われます。

主役だけど、

ソーセージを引き立てている

絶妙な存在です。

私はミートソースなので、

甘いバーガーという

シンプルな味わいでしたが。

もしかしたら、

ホットチリの方が

すごいのかも…!

と気になってしまいました。

久保ひとみさんの

念願のバーガーを

試せて良かったです。

まるごと!みかんのジンジャエール

今年の飲み物は、

みかんのジンジャエール。

ジンジャエールとみかんとは、

これまた意外な取り合わせ。

大人の炭酸飲料の

イメージがあるジンジャエールが、

甘い温州みかんと

どうコラボするのか必見です。

とにかく、

見た目のインパクト。

商品名に、

まるごと!と入っているだけに、

みかん1個まるごと

ジンジャエールに入っています。

しかも、

輪切りにして

ドン、ドーンと。

雑なのか?

いや、これが

映えなのか?

かなり挑戦的で、

インパクトのある

ドリンクです。

◎まるごと!みかんのジンジャエール

みかんをまるごと1個入れた

ジンジャーエールに、

瀬戸内産のネーブルオレンジと

レモンを使った

シロップを合わせた

炭酸ドリンクです。

みかんを輪切りに2つにカットして

大胆に入っていて、

お好みでつぶして

いただきます。

ストローと

長いスプーンが

付いてくるので如何様にも。

ネーブルオレンジと

レモンのシロップは、

果汁だけでなく、

果肉と果皮も使うことで

風味豊かに仕上げました。

みかんの甘くて

フルーティーな味わいと、

さわやかな酸味が楽しめる

すっきりとした後味の

ジンジャーエールです。

とうたっている通り、

甘めの飲みやすい

ジンジャエールです。

私は、

みかんをどう扱ったらいいか

解明できず。

お好みでつぶして…

という発想がなく、

ジンジャエールを飲み干した

後にみかんをスプーンで

取り出して食べました。

が。

食べた方々の感想を聞くと、

つぶしてから

みかんのつぶつぶと共に

飲むことで、

めちゃくちゃ美味しく

飲めたらしい…。

後悔です。

そうだよね…。

輪切りのままみかんを

食べるなんて

ジンジャエールに入れてる

意味が半減だよね…。

さあ、

気を取り直して。

せっかくだから、

今販売中の他の商品も

ご紹介しますね。

マッケンチーズ&コロッケ

コマーシャルで観て、

気になるに決まってる

このハンバーガー。

マッケンチーズって何?

日本人の88%は知らない

チーズ料理らしいので、

とっても気になりますよね。

マッケンとは、

マカロニ&チーズの略です。

一見強そうなネーミングですが、

アメリカのママの味だそうです。

一気に優しくて温かい

イメージになりますよね。

ゆでたマカロニに、

チーズを絡めた料理で、

グラタンみたいな感じかな?

寒い冬に食べたくなる

アメリカのお家料理

のようです。

そんなマッケンチーズが、

コロッケの上にかけられている

このハンバーガー。

合うに決まってる!

濃厚なチーズの

味が深みを出して、

コロッケとの相性は

バツグンです。

また、

モスバーガーオリジナルの

あのミートソースとも

バッチリ合います。

粒マスタードも効いていて、

アクセントがあって

くどくない飽きのこない

ハンバーガーです。

日本のハンバーガー屋さんの

モスバーガーらしく、

このマッケンチーズ&コロッケには、

その他にもさまざまな

和テイストの仕掛けが

あるんです。

マッケンチーズの具材には、

レンコンが使用されていて、

特有のシャキッとした

歯応えを生み出しています。

チーズソースの隠し味には、

鰹節と南高梅が使用されていて、

アメリカの味と日本の味が

見事にマッチしています。

よく考えるな〜。

と感心してしまうくらい、

モスバーガーは、

モスバーガーでしか食べられない

商品を生み出すのが上手です。

そして、

日本のハンバーガーという

ことを決して忘れない信念。

これが私は好きなのです。

ちょっと高級だけど、

やっぱり食べたくなる。

そんなハンバーガー屋さん

ですよね。

バナナオレ

ノボリで見かけた

バナナオレ。

バナナは、

娘が好きだから

買って行こうな…。

と私をその気にさせた

ドリンクです。

他にも、

今販売されているドリンクは、

マッケンと一緒に登場した、

◎まぜるシェイク紀州南高梅

◎まぜるシェイク二十世紀梨

があります。

個人的には、

南高梅が気になりましたが、

娘が飲めるモノを

優先してしまう悲しい性です。

最近混ぜる系の

ドリンクが多いモスバーガー

のバナナオレ。

やっぱり混ぜて飲みます。

提供されたときは、

白と黄色の

二層になっていて

かわいらしいです。

今巷で人気の

バナナジュース。

私も大好物なのですが、

モスバーガーのバナナオレは、

そんなバナナジュースを

モス流にアレンジした商品。

栄養満点のバナナと

乳酸菌を豊富に含むヨーグルトが

組み合わさって

作られたバナナソース。

そこに、

牛乳を注いだドリンクです。

よく混ぜ合わせることで、

まったり濃厚なバナナの風味が 

全体に広がります。

なつかしい味わいで、

あと口はすっきり。

と、まったくその通りで、

知らずに飲んで、

この酸味は一体なんだろう?

と思っていましたが、

ヨーグルトだったんですね。

ヨーグルトバナナは、

最強です。

健康志向の方は、

飛びつくアイテムですよね。

そこにまろやかな

牛乳をかき混ぜて、

クリーム色のバナナジュースに

娘夢中でした。

第四弾を期待しつつ

そんなこんなで

まるごと商品を

十分に楽しませてもらいました。

美味しくいただき

大満足です。

そうなると気になるのが、

2022年の第四弾。

あるのか…?

ないのか…?

こうなったら、

毎年やっていただきたいですよね。

アイデアを出す方たちは、

大変かと思いますが、

まだまだ静岡バーガーには

可能性が秘められているはず。

ふと、

私だったら何バーガーかな?

と考えてみました。

磐田のおもろカレーを

題材にどうでしょうか?

そんなこんなで、

来年も楽しみです。

Links

目次