浜松地域の子育てママ向けスマホメディア「オンモプラス」が2022年12月にリニューアル。
KOSODATE BASE HAMAMATSU(子育てベースはままつ)として生まれ変わりました。

浜松市北区細江町にある長楽寺は“梅のトンネル”を楽しめる!

みなさんこんにちは!

美姿インストラクター 鈴木さちです。

今日は浜松市北区細江町にある

長楽寺の“梅のトンネル”のご紹介です。

長楽寺は今からおよそ1200年ほど前。

弘法大師により平安時代初期に創建された

真言宗の古刹。

今回拝観はしていないのですが、

以前拝観したときには御朱印ももらいました。

秋の庭園もとても素敵なので

お時間ある際は長楽寺へも

是非お立ち寄りくださいね。

梅のトンネルは長楽寺の境内から

北へ約200メートル程歩いた所にあります。

本堂跡地へと続く階段の両脇に

沢山の梅の木が植えられており

白い梅を楽しむことができますよ。

早速梅のトンネルを少し歩いていくと

阿弥陀如来像などが安置された祠が

建っていました。

祠の所に梅の木のお手入れについて

メモが貼られているのですが

地元のボランティアさんが

梅のお手入れを行ってくれているそうです。

お手入れがあってこその美しさなので

感謝ですね。

浜松市は温暖な気候に恵まれているので

早春に梅を楽しむことができるのですが、

梅のトンネルは開花時期が

例年2月中旬から3月中旬にかけて。

ただ今年は例年よりも開花が早く、

2月の中旬にはピークを迎えたそうです。

私が行った時には散り始めでした。

2年前に見に行った時は

2月末が満開だったので

毎年開花時期が早まっている印象ですね。

2月中旬頃に

足を運んで頂けると白い梅のトンネルを

存分に楽しんで頂けると思いますよ♪

今回も娘と行ったのですが、

梅のトンネルは石畳の階段を

上に上がっていきます。

足場が少し悪いので

スニーカーが安心できると思います。

娘が数えた所によると階段は

150段くらいあるよ〜!!と言っていました。

梅を見ながら頂上までいくと

息が上がり。笑

ほんのり汗ばむので

とても良い運動になります。

娘は元気が有り余っていたのか

5往復くらいしていましたが。

地元の方々が散歩がてら

梅のトンネルをのぼり

梅の木の下でお弁当やおにぎりを食べていたり

すれ違う時に温かい言葉を

かけてくれたのがとても嬉しかったです。

娘が初めて来たのが3歳の頃。

その時も一人で黙々と階段を

登っていたのを思い出します。

不安定な足場を

登ったり降りたりするのは

注意力や判断力が身につくので

子供たちにはどんどん経験して欲しいことです。

そんなこんなで頂上につき

後ろを振り返ると

梅のトンネルと湖面がきらきらと輝く

浜名湖を見ることができます。

疲れが吹っ飛ぶ〜!!!

頂上で少し休憩を取ったら

また石畳の階段をゆっくり

一歩一歩降りていきます。

そして娘が楽しみにしていたのが

帰り道にある無人販売。

疲れた身体を潤す浜松ならではの

みかんがたくさん売られているのです!

お値段も100円とお手頃なのに

7個も入っていましたよ〜!!

たくさん歩いて疲れた身体に

みかんがまた合うんですよね〜。

みかんを購入して上機嫌で歩く娘。

そして駐車場につき

駐車場の脇にある河津桜を見ながら、

娘とみかんを頬張りました。

梅のトンネルを歩きながら

梅の香りを楽しんだり

頂上からの浜名湖と梅の景色を

楽しんだり

みかん食べてゆっくりしたり。

気分転換やハイキングに 

是非足を運んでみて下さいね!!

浜松市北区細江町気賀7953-1

053-522-0478

駐車場有り

梅のトンネルの梅は

山の斜面に梅が植えられているため

日かげと日なたで咲き具合が違うので

その分長く、梅を観賞できるそうです。

目次