日本国内で出荷されている約250億本の使い捨てプラスチックボトルのうち30億本削減を目指す【WATER STAND】

  • 暮らし
  • 95view

海のプラスチックごみは2050年までに世界中の魚の重量を超える恐れが出てきています。魚の体内からもプラスチックが出てきており、クジラの胃の中からはペットボトルが6キロ出てきたという報告が上がってきているほど。そんな惨状に目を向けて持続可能な目標を掲げている会社「WATER STAND」に話を聞きました。

Trend words

Recommend

Pickup