子どもより先に帰れる!ママのための婦人科がん検診「ファースト・ママ検診」[PR]

  • 暮らし
  • 823view

ママのための婦人科がん検診「ファースト・ママ検診」を受けてきました!


子宮頸がんにかかりやすいのは「30代後半」、
乳がんにかかりやすいのは「40代後半」。

でも、早期にみつかれば少ない負担で治療ができ、
家庭や仕事に戻ることができるそうなんです!



*******************

「がん検診は受けた方がいいよね」
きっと多くのママが思っているはず。

それでも、なかなか重い腰が上がらない理由ってなんでしょう?

…検診ってすごく時間がかかるイメージだから
…費用のことが気になるから
…なんとなく面倒な気がして

子育て真っ最中のママにとっては、“自分の健康のために時間や費用をかける”って、けっこうハードルの高いことですよね。


でも、
「この検診だったら受けてみよう!」
そう思える検診がありました。

短時間でおわる!費用の負担も少ない!「ママたちに受診してもらうには?」を本気で考えた婦人科がん検診


浜松市北区三方原町にある「聖隷予防検診センター」。

その乳腺専門医や放射線技師などからなる〈女性検診プロジェクトメンバー〉が、
「忙しいママたちに、どうしたら検診を受けてもらえる!?」
を、とことん考えて企画されたのが、「ファースト・ママ検診」です。

その特長は、

〇一般的な婦人科検診の“半分の時間”でおわる!

〇費用は通常の婦人科検診と同じ!(補助もあり!)

〇申し込みはWEBでもできる!



開始時間を通常の婦人科検診より30分早くすることで、
「お子さんより先に帰宅してもらおう!」を目標に
短時間でおわるよう考えられた、ママのための検診です。


これは、受診しない理由が見つからない…


まず、WEB予約ができるというのが、かなりうれしいポイント。

“受付時間内に電話をする”って意外に難関で、予約に踏み出せなかったりするんですよね。

WEBなら、子どもが寝たあとののんびりタイムに、サクッと予約できました。


というわけで、
実際に「ファースト・ママ検診」を受けてきましたよ。


——検診のイメージが変わっちゃう!?

いよいよ検診当日!「ファースト・ママ検診」の流れ、詳しくご紹介します


【13:00受付】

まずは1階の総合受付。
つづいて、婦人科検診を行う4階の女性専用「レディスフロア」へ!

スタッフさんも全員女性なので、気がねなく過ごすことができます。
【13:10着替え】

更衣室で着替えをすませ、いよいよ検診スタート。


【13:20問診】

普段気になっていることや、この日の検診内容について、相談することができました。

乳がん検診というと、〈マンモグラフィ〉のイメージが強かったのですが、乳腺が多い若い世代の場合、異常を見つけにくいこともあるとのこと。
一方で〈乳房エコー検査〉は、乳腺の状態に関係なくしこりなどを発見できるそうです。

なるほど…!
乳房についてはちょっと気になることがあったので、今回は両方受診することに。

■子宮頸がん検査
■経膣エコー検査
■乳房レントゲン検査(マンモグラフィ)
■乳房エコー検査

以上の4つを受診することにしました。
直接相談をしながら検査項目を決められるってうれしいですね。
 
【13:30子宮頸がん検査・経腟エコー検査】

妊婦検診でもおなじみの内診台へ。
これを見ると、ドキドキしちゃいますよね。

でも、びっくりするくらいあっという間におわります。

〈子宮頸がん検査〉では、子宮の入り口(頸部)の細胞を採取します。
“細胞を採取”なんて言うと、痛そうな気がするかもしれませんが、
実際は「なでられたかな?」という程度。

つづいて〈経腟エコー検査〉
内診だけでは分からない子宮の中の様子や、卵巣の様子を詳しく見ることができる検査です。
こちらも、ちょっと押されている感覚があるくらいで、痛みはなし。

2つの検査を合わせて、2,3分ほどで終了。

経腟エコー検査を行うのは医師なので、その場で結果を教えてもらうことができました。

「子宮も卵巣も、とてもきれいですよ^^」
という先生の言葉に、ホッ。

もちろん先生も女性です。
【13:40マンモグラフィ検査】

個人的にとても緊張していたのがこれ。
乳房をぎゅ――っとはさむのが不安で。

でも、「ドキドキしますよね」「痛くないですか?」と技師さんが話かけながら、少しずつ装置を動かしてくれたので、圧迫されている感覚はあっても痛みはほとんどなし!

もちろん痛みの感じ方には個人差があると思いますが、「想像していたより全然痛くなかった」という方が多いそう。

私もそう思います!
そして感激してしまったのが、上の写真で私が着ている「ピンクのケープ」。

多くの施設では、マンモグラフィは上半身裸で行うそう。
いくら女性の技師さんでも、裸はちょっと抵抗がありますよね。

このケープは、そんな女性が少しでもリラックスして受診できるよう、聖隷予防検診センターが独自につくったものだそうです!

これ、すごく安心感がありました。


【13:50乳房エコー検査】

乳房にゼリーをぬり、〈乳房全体〉から〈わき〉まで丁寧にくまなく調べてくれます。

検査のために使う「ゼリー」や、検査が終わったあとに体をふくための「おしぼり」が、しっかり温めてくれてあったのがうれしかったな。
【14:10着替え・会計】

思わず時計を二度見してしまいました。

——あれ?まだこんな時間??
  は、早すぎる…!!


「ファースト・ママ検診」は〈13:00受付〉で、
私のように子宮頸がん検診と乳がん検診両方を受診すると〈14:30までに終了〉
子宮頸がん検診・乳がん検診どちらか一方のみなら〈14:00までに終了〉というのが目安です。

終了時間が決まっているのって、自分の予定だけでは動けないママにとって、本当に助かります。


これならスーパーに寄っても、子どもの帰りに間に合うぞ!
というわけで、夕飯の材料と、子どものおやつを買って帰宅。


【15:30子ども帰宅♪】

買い物の片付けもすんで、ゆっくりコーヒーを飲んでいたところに、
「ただいま~」
小1の次女が帰ってきました。

「おかえりなさい^^」

本当に、子どもより先に帰れちゃいました。

子宮頸がん検診「1,700円」、乳がん検診「1,600円」!?補助制度をつかっておトクに受診しよう


やっぱり気になる検診費用のこと。
「ファースト・ママ検診」の費用は、通常の婦人科検診と同じ。

短時間でおわれるにも関わらず、追加費用は一切かかりません!

もちろん、加入している〈健康保険組合の補助〉を利用して受診することができます。

そして健康保険組合の補助がない場合も、住んでいる〈市町のがん検診補助〉を活用することができます。


例えば浜松市なら、
〇子宮頸がん検診:20歳以上の人は自己負担額1,700円
〇乳がん検診:40歳以上の偶数年齢の人は自己負担額1,600円


さらに、
〇子宮頸がん検診は20歳の人、乳がん検診は40歳の人に無料クーポン券を配布


1,700円に1,600円。想像していたより高くない。
これなら、パパに内緒でたま~に行く、“自分へのご褒美ランチ”代より手頃だな。

ちなみに、
「加入している健康保険組合の補助と、市町の補助、どっちを利用するのがおトク!?」
そんなアドバイスも聖隷予防検診センターではしてくれますよ。


↓これ、みなさんのお宅にも届いていませんか?

「検診を受けてよかった!」そのもう一つの理由


…時間がかかりそう
…費用が心配
…なんとなく面倒

そんな検診のイメージが、今回「ファースト・ママ検診」を受けてみて、すっかり変わりました!

そしてもう一つ。

レディスフロアのおしゃれで落ち着く雰囲気、
マンモグラフィのケープや、乳房エコーの温かいゼリーやおしぼしのこと、
そしてスタッフさんたちの丁寧な対応。

少しでも快適に受診してほしい、リラックスして過ごしてほしい、
そんな心づかいが色々なところから感じられました。


検診というと、流れ作業のようなイメージがあったけど、全然ちがったな。


仕事や家事・子育てからちょっとはなれて、
普段は後回しにしてしまいがちな自分の体を大切にしてあげる、
なんだか癒される時間でした。

「時間がかかるのはイヤ!」とさんざん言っておいて怒られそうなのですが、
もう少しここでゆっくりしていきたいな~
と本気で思いました。笑


ファースト・ママ検診、来年もまた受けます!


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:++:-:+:-:+:-:+:-:+
聖隷予防検診センター
http://www.seirei.or.jp/hoken/yoken-center/
浜松市北区三方原町3453-1
Tel.0120-938-375

ファースト・ママ検診(スピード婦人科がん検診)
→詳しくはコチラから
【対象】主に小学生以下のお子様がいる女性の方
【日程】毎週 月曜日・水曜日(祝日除く)13:00~
【予約方法】
①電話(0120-938-375)
予約受付時間 平 日9:00~16:30
(祝日を除く)土曜日9:00~12:00
②WEB
https://req.qubo.jp/keieikanri/form/firstmama
※申し込み後、予約センタースタッフより電話またはメールにて内容確認と日付確定

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:++:-:+:-:+:-:+:-:+

Writer
degu

Trend words

Recommend

Pickup