ママこそ検診を受けよう!レディスフロア内覧会レポ♪[PR]|コラム|オンモプラス|浜松地域の子育てママ向けスマホメディア

ママこそ検診を受けよう!レディスフロア内覧会レポ♪[PR]

  • 暮らし
  • 923view

聖隷予防検診センター「レディスフロア」がリニューアルオープン!



子育て中は、ついつい自分のことを後回しにしてしまいますよね。



でもじつは、子宮頸がんにかかりやすいのは「30代後半」、乳がんは「40代後半」。



そう、まさに私たちママ世代!



「がん」なんて怖すぎて考えたくないなぁ…そう思っていましたが、



早期にみつかれば少ない負担で治療ができ、

家庭や仕事に戻ることができるそうなんです!




 

レディスフロアってどんな場所?子どもたちと〈内覧会〉に行ってきました♪



2019月4月1日に、浜松市北区三方原町にある『聖隷予防検診センター』内の「レディスフロア」がリニューアルオープンしました。



「より多くの女性に、質の高い検診を安心して受けてもらいたい!」



そんな思いで行われた今回のリニューアル。

オープンに先立って開催された〈内覧会〉におじゃましました。



冒頭でお伝えしたことをはじめ、

「今、知ることができてよかった!」

そんな内容満載だったのでレポさせてもらいます。





——あれ?ちびっこナース??

子どもたちと一緒に楽しませてもらいました♪

私たちを迎えてくれたのは——



慣れない検診センターにちょっと緊張気味の子どもたち。

でも受付で迎えてくれたのは、笑顔のスタッフさんたちと色とりどりの風船!



一気にテンションの上がる、素直な子どもたち。笑





そして、毎年こちらで婦人科検診を受けている私もびっくり。

すごくステキになってる~‼



白い壁やソファーが印象的な、清潔感があって落ち着く、そして優しい雰囲気の空間になっていました。

 

シールラリーにそって、レディスフロアを探検しよう!



受付もらった「シールラリー」は、シールを集めながら、レディスフロアの各設備を楽しく見学できる内容になっていました。



(このシールラリーのおかげで、子ども連れでもじっくり見学ができました☆)



それではさっそく、スタート!

 

普通のマンモグラフィとどう違う?〈トモシンセシス検査〉



最初のお部屋は〈マンモグラフィ撮影室〉。

「…これはなに??」初めて検査装置を目にする子どもに、技師さんが分かりやすく説明してくれました。



そして私にとっても「‼」な内容が。



こちらのマンモグラフィ装置は、一回の撮影の中で、角度を変えて複数の断層画像が撮影できる〈トモシンセシス検査〉ができる最新鋭のもの。



(乳房を細かくスライスして見ることができるようなイメージ!)



そのため、従来のマンモグラフィではみえにくかった病変がみつけやすくなるそうです。



こちらの〈トモシンセシス検査〉、精密検査などで使われることはあっても、一般の〈婦人科検診〉で受けられる施設は少ないそう!



マンモグラフィにも違いがあるなんて初めて知りました。

 

肋骨に隠れている病変をみやすく!〈肋骨減弱処理〉



つづいては、〈胸部X線撮影室〉。

こちらのX線撮影にも最先端の機能が!



〈肋骨減弱処理〉という、簡単に言うと胸部画像から肋骨や鎖骨を消して、そこに隠れてみえなかった病変をみつけやすくする機能。



さらには、〈経時差分処理〉という、過去の撮影画像と、最近の撮影画像を比較し、変化したところをみえやすくする機能も。





「…げんじゃく?けいじさぶん?」

きっとどこかに書いてあるだけだったら、難しそうで通り過ぎてしまった内容。

技師さんの丁寧な説明をおかげで、私なりに理解することができました。



検診もどんどん進化しているんですね!

 

検診がぐっと身近に、大切に感じられました。



ほかにも〈乳房エコー検査〉の装置に触れたり、〈腹部エコー検査〉の内診台に座ったり、貴重な体験をさせてもらった子どもたち。



私もこれまで気になっていた検診の疑問などを、気軽に相談することができました。

 

​女性として、絶対に知っておきたい!乳腺専門医のお話



そして内覧会の中では、乳腺専門医・諏訪香医師による『きちんと知って上手に受ける〈マンモグラフィ検診×乳房超音波検査〉』の講話がありました。



〇乳がんは日本の女性で一番多いがん

〇でも早期にみつけて治療すれば大丈夫

〇早期発見には検診が大切




マンモグラフィ検査・乳房エコー検査、それぞれの特徴を活かした上手な組み合わせ方とは?など、女性としては聞き逃せない内容でした。





そんな中でも一番印象的だったのは、乳がん検診と同時に、

「月1回を目安に、自己検診をすることがなにより大切‼」

というお話。

 

子どもにも伝えたい!〈ブレスト・アウェアネス〉とは?



諏訪先生の講話の中で初めて知った

〈ブレスト・アウェアネス〉という言葉。



近年、乳がんの早期発見のために注目されている

『ふだんから自分の乳房の状態に関心をもつ』

という考え方だそうです。



自分の乳房の正常な状態を知っておくことで、変化があったときにすぐに気づくことができる!





…体のことを考えるのは、なんとなく恥ずかしいな

…自分の体でも、触れるのはちょっとイヤだな



そんなふうに感じる方も多いかも。

でも、自分の体に関心をもつってすごく大事なことなんですね。



欧米ではこの〈ブレスト・アウェアネス〉を、子どもたちに早期から教育することをはじめているそう。





*******************



娘をもつママとして、「自分もどうやって子どもたちに伝えていけるかな?」と考えてみました。



私も自己検診はしていますが、なんとなく恥ずかしくて、子どもたちが寝てしまったあとの一人の時間に行っています。



でもこれからは、子どもたちと一緒にお風呂に入っているときなどにやってみようかな。

それで、乳がんの話や自己検診の話もしてみようかな。



ママ自身が自分の体を大切にしている姿を見せることが、将来、子どもたちが自分の体を大切にすることにつながるのかも…!



そんなことを考えました。

 

気になること、どんどん相談してみよう!



ちびっこナース・ドクターに変身させてもらったり、おやつやジュースなどのたくさんのお土産をもらったり、すっかり楽しませてもらった子どもたち♪



そして私も、これまでなんとなく受けていた検診のこと、自分の健康のことをきちんと考え直すことができました。





子育てママにこそ受けてもらいたい婦人科検診。

気になること、ぜひ相談してみてくださいね^^



+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:++:-:+:-:+:-:+:-:+

聖隷予防検診センター

http://www.seirei.or.jp/hoken/yoken-center/

浜松市北区三方原町3453-1

Tel.0120-938-375

【受付時間】

平日 9:00~16:30

土曜 9:00~12:00

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:++:-:+:-:+:-:+:-:+

 

Writer
degu

Trend words

Recommend

Pickup