可愛い☆どうやって作るの!?飾り巻き寿司教室「えのわ」|コラム|オンモプラス|浜松地域の子育てママ向けスマホメディア

可愛い☆どうやって作るの!?飾り巻き寿司教室「えのわ」

  • 習いごと
  • 206view

今、人気沸騰!「飾り巻き寿司」

Instagramでもよく見かける「飾り巻き寿司」。

子ども向けのキャラクターや動物など、どうやって作っているんだろう? と前から気になっていましたし、できれば子どもと一緒に習えたらいいなぁと。

 

この夏休みに友人が紹介してくれたのは、浜松を中心に活動されている「飾り巻き寿司 えのわ♪」さん。

今回お伺いした「エムズ倶楽部」他「はぴふる」「サーラ」など、各地で教室を開いていらっしゃいます。

 

親子での飾り巻き寿司体験ということで、今回はあの人気キャラクターとバナナを作る講座でした。

参加したのは小学生・園児など3組、子ども7人。赤ちゃん連れママも☆

 

まずは先生が、お手本を見せてくれます。

子どもたちは先生の周りに陣取って、しっかりお話を聞いていましたよ。ママたちはレシピ片手に、メモメモ。

途中まで教えてもらったところで、自分たちも席に戻って巻き始めました。
1g単位までしっかりと計量。

寿司飯はあらかじめ色に分けられていて、海苔も、使うサイズに切ってありました。

(準備が大変そう!!)

これは目の素材、これはベルトの素材。とレシピを参考に細かく作っていきます。

小さな子は、ママの手を借りたり、お兄ちゃんに助けてもらったりしながら、ひとつひとつ丁寧に巻き巻き。

うちの子も、包丁を使って材料を切りました(見ていてちょっと怖かったけれど!)。

 

キャラクターに見えてきた!立体的に組み立てていく過程

作った素材を、大きな海苔の上に乗せていきます。

先生のお手本を見ていると、これは胴体!これは顔! とわかってきます。

ご飯と海苔だけで、これが組み立てられるのってすごい~!

 

いよいよ、入刀!切った瞬間の楽しさ!

必要な工程をすべて終わり、巻き終わって、いよいよ切ります。

いわゆる「金太郎あめ」状態だとはわかっていますが、ドキドキしちゃいますね。



子どもたちが回りで静かに見守っています……



 
ぱかっ!

おお~と、思わず歓声があがります。しっかり、キャラクターになってる!!

 
目を付けて、口は型抜きパンチで抜いたものを。

いろんな表情の子が作れるのって、子どもが喜ぶんですよね。

 

バナナにも挑戦。簡単そうに見えて…

もう一つ、バナナも作りました。

黄色い寿司飯を海苔で巻くのですが、バナナ感が意外に難しい!

先生は巻きすで上手にカーブを作るんです。さすが先生。

 

自宅で切ってみた。私が作った飾り巻き寿司は……

一緒に参加された皆さんはその場で切っていましたが、私は予定があり、早めに退出。

そのため、自宅に帰ってから切りました。

切り方にもコツがあるらしく、先生に教えていただいたとおりに切ったら、なんとか形になっていました!

ビミョーに下ぶくれの子になっちゃいましたが(笑)

目と口は子どもにおまかせ。可愛くできましたし、とっても美味しかったです☆

(キャラクターの大きな巻き寿司+バナナの2本で、3人家族でちょうど良いくらい)

 

飾り巻き寿司「えのわ」さん、今後の予定

えのわさん、2018年の間だけでもたくさんの講座を開いていらっしゃいます!

どれも可愛くて、作りたくなっちゃいますよね。

それぞれ、レシピがもらえるので、家でも再現できると思います。

詳細・申し込みは、えのわさんのブログから。 ハマりますよ~☆

https://enowa.hamazo.tv/

 

Writer
photoしば

Trend words

Recommend

Pickup