簡単美味しい大学芋♡|コラム|オンモプラス|浜松地域の子育てママ向けスマホメディア

簡単美味しい大学芋♡

  • グルメ
  • 370view
こんにちは!



美姿インストラクター 鈴木さちです♪


 


 


突然ですが、


私は料理が苦手です。笑


 


 


でも健康に生きるためには


例え苦手であろうと


頑張らないと行けないこともある^ ^


 


 


そんなわけで、


健康美を目指し料理に


日々奮闘しております。笑


 


 


最近お気に入りなのは『大学芋』


簡単だし安心した素材で作れるので


料理が苦手な方にもオススメです!


 


 


子供が生まれてからと言うもの、


買い物をする時は『原材料』を


必ず確認する様になりました。


 


 


市販のお菓子の原材料を見るとね、


添加物がたくさん入っていて


目を瞑りたくなります、、苦笑


 


 


でも好きなんですよね〜。


子供も私も、お菓子が♡


 


 


と言う訳で、


あま〜いおやつの大学芋に


チャレンジしてみたのです^ ^


 


 


ジャジャーーン!!!


砂糖と油を物凄く減らしたので、


見た目はぼちぼちですが。笑


と〜っても美味しくできました♡


 


 


何回か作っていますが、


砂糖と油の量を多くすれば


パリッと感やテリ感がプラスされますよ♪

作り方はとっても簡単♪


 


①さつまいも中2本を乱切りにする


②10分水に浸す


③フライパンに油と砂糖を大匙3位入れる


(今回は砂糖も油も大匙2位でした)


④さつまいもの水分をペーパーで吸う


⑤フライパンにさつまいもを敷き詰める


⑥蓋をして中火で火にかける


⑦パチパチ聞こえたら弱火で10分


⑧さつまいもが柔らかくなったか確認


⑨全体的にからめて完成!!!!

油は飛び跳ねたりしないし、


料理が苦手な私でも失敗しませんでした♪


 



 



ちなみに我が家は白砂糖は無いので


(基本甘みは、蜂蜜かみりんか黒糖)


黒砂糖を使用しています。

手作りおやつの良いところは、 


・原材料を把握できること


・砂糖や油の量を確認できること


そして子供が喜んでくれることですかね♪


 


 


特に砂糖の量って市販のお菓子は


どれだけ入ってるかわかりません。


 


 


実際に作ってみると、


砂糖の多さにびっくりすることもありますが、


甘さが調節できるので良いですよね!


 


 


身体に糖分は必要だけど、


摂りすぎはよくありませんから^ ^


 


 


ちなみに黒糖は「ビタミン」「ミネラル」


が豊富で皮膚や粘膜、髪の生成、疲労回復、


肌トラブルを防ぐ効果も期待できるのだそう。


 


 


そして黒糖に含まれるブドウ糖は


脳の唯一のエレルギー源!!


 


 


ブドウ糖はすぐにエネルギーに変わり


脳を活性化させたり


集中力を高める効果があるので、


 


 


勉強や宿題や仕事をする前に


おやつとして黒糖を食べるのもいいですよ♪


(我が家は遠鉄ストアで購入しています!)


 


 


是非黒砂糖を上手に使いながら


子供のおやつやおかずに大学芋


作ってみてくださいね^ ^

人気すぎて毎度数分で完食。笑


それではまた♪


 



 


Writer
さっちん

Trend words

Recommend

Pickup