お煎餅屋さんが半田町に開店☆「おかしやじろう」|コラム|オンモプラス|浜松地域の子育てママ向けスマホメディア

お煎餅屋さんが半田町に開店☆「おかしやじろう」

  • グルメ
  • 2981view

まるで木造校舎の学校みたい。レトロな雰囲気の建物

「おかしやじろう」は2018年9月2日に、半田町に開店したばかりのお店です。

とってもレトロな外観のお店でしたので、リノベーションかと思いきや、なんと新築。

大正・昭和の学校の、木造校舎のようですよね。



ここ、お煎餅屋さんなんです。

さっそく取材してきました。

手焼き煎餅を1枚から販売。種類もたくさん!

煎餅を1枚1枚丁寧に焼き上げて、小分けにしたものが並んでいました。



これ、家族も来客も少ない我が家のような家庭にはとっても嬉しい!

大袋だと、湿気ちゃうんですよね。
抹茶、白雪、昆布巻き、にんにく(!)など、様々な種類が並びます。



1枚あたり、100円~120円くらい。

手のひらサイズほどの大きさです。
可愛い色のお煎餅も。

草加煎餅濱松煎餅コラボと書かれています。

よく見ると、ハートの形をしていますよ。



奥のあげQも、絶対おいしいやつですよね。

畳敷きのカフェスペースもあります

店内にはカフェスペースがありました。



入ってすぐの左側に、テーブル席ほか、畳敷きの個室も。
奥のカフェスペースも、結構広いです。

ちょうど空いた所を撮影させていただきました。
カフェコーナーのメニュー表。

コーヒーやオレンジジュースなどのほか、アイスも。



メニューに「五平餅」ってあるのがめちゃめちゃ気になる!!

お店の場所は半田町。環状線のすぐ南側

「おかしやじろう」の場所は、2日の時点でまだGoogleMapにも載っていませんでした。

知人から教えてもらい、半田町234-1で検索したら、隣の建物がHITしたので、そこを頼りに伺いました。



具体的には、環状線の半田北交差点(環状線の、あの大きな上り坂の手前)を南に下ってすぐにある、遠鉄バス停「半田上」を東に曲がったところにあります。

 
「おかしやじろう」、外に鉄棒があったり、いかにも学校の校庭みたいな雰囲気なので、子連れで来てもいいですよね。

もちろん大人同士で来ても、お煎餅をぱりぱり食べながら、カフェでのんびりできそう。



お煎餅は種類を色々詰めて、お土産にもいいな、と思いましたよ。

ぜひ訪れてみてください。

SHOP DATA

おかしやじろう

浜松市東区半田町233

営業日 火曜日・水曜日・金曜日・土曜日

営業時間 10時~18時

 

Writer
photoしば

Trend words

Recommend

Pickup