人と人との出逢いを繋ぐ「cafe the eel(カフェ ジ イール)」と、アーティストの前原本光さん。

  • 子育て・育児
  • 308view

「cafe the eel」が「絵本の店キルヤ」で期間限定で開催されています。アーティストでもある店主のmotoさんをご紹介します。

以前、ご紹介させてもらった「絵本の店キルヤ」で、期間限定に開催される「cafe the eel」というカフェ。 ≫小さなかわいい「絵本の店キルヤ」さん カフェの店主は前原本光さん。通称motoさんです。 浜松出身、パリ在住で絵本作家、他にも音楽家・DJ・コラージュアーティスト・詩人・翻訳家など様々な表現活動をされています。 日本には定期的に戻られていて、その間に様々なアートプロジェクトも行っています。

「cafe the eel」は「絵本の店キルヤ」とmotoさんとで行うカフェという形のアートプロジェクトです。 フランスなどでセレクトしたドリンクを飲みながら、motoさんの選曲した音楽を聞いたり、そこで出逢ったお客さん同士で話をしたり(もちろんmotoさんとも)、絵本を読んでゆっくりと過ごすことができます。 「cafe the eel」は以前、浜松の田町にありました。残念ながら2005年にそのお店は閉店されたのですが、今もこうして形を変えて、音楽や人との出逢いを演出しています。

絵本作家でもあるmotoさんの絵本はフランスの出版社から発行されています。 一般の書店では手に入りづらいものもありますが、キルヤさんにも置かれていますので、ぜひ手にとって見てみてください。 雑誌を切り貼りして絵を完成させるコラージュという手法で制作されています。 新作の「Oiseaux」も幼児が鳥の名前を覚えるための絵本です。 日本語、フランス語、英語、中国語、スペイン語、アラビア語、エスペラント語の7カ国語で鳥の名前が書かれています。 子どもと一緒に大人も楽しく、いろんな国の言葉を知ることができますよ♪

動物や乗り物のコラージュはクオリティが高く、インテリアとして飾っておきたいと思う一冊です。 絵本以外にもポスターや、ポストカードもステキです♪ 依頼があればオーダーメイドで1点物のポスターも作ってくれるそう!こんなアート作品が身近にあったら、生活が豊かになりますね。

コラージュに使われた冊子。フリーペーパーもアートの材料になります。

一児のパパでもあるmotoさん。ポーランド人のパートナーがママです。 仕事で年に2回ほど浜松に帰られていて、息子さん(5歳)と二人でこられることもあります。 帰国すると3ヶ月弱ほど滞在されますが、ママも自分の時間を持てるので、お互いにとってもちょうど良いそうです。 パリにお住まいとのことで、どんな子育てをされているのかお聞きしてみました。 基本的には「~しなさい」のような強制はしないで、自由に育てていらっしゃるとのこと。 お仕事は家でされていて、幼稚園の送りはパパ、お迎えは仕事帰りのママがされています。 家では息子さんと一緒に踊ったりしているそうですよ。 住んでいる国や働き方が違っていても、家族で過ごす時間を大切にされているのを感じました。

今回も「cafe the eel」をメインに、ライブ、DJ、コラージュのワークショップ等の様々なプロジェクトが開催されます。 以前、開催された「音のコラージュ」ワークショップは、子ども達とターンテーブルやシンセサイザーを触りながら、音楽を奏でる面白さや驚きを伝えてくれました。 1/22(水)に鴨江アートセンターで行われる「ICHI」ライブは、motoさんのご友人でイギリス在住の日本人アーティストの方との共同企画です。 自作楽器を一人で全て演奏するスタイルで、世界で活躍されています。NHKアニメーションの「音楽世界りょこう」の主演アニメキャラクターのモデルにもなっているそうです! ライブは大人も子どもも楽しめます。(小学生までは無料/保護者同伴) ぜひ子ども連れで参加してみてください~!

motoさんは現在帰国中(2020年1月)で、3月頃まで日本にいらっしゃるそうです。 下記は今後のスケジュールです。イベントはまだまだ増えていく予定です。もし「こんなイベントがあったらいいな~」という要望があれば、検討してくれるそうなので言ってみてください♪ ●イベントスケジュール● 1月9日(木)~2月24日(月)期間限定カフェ cafe the eel @ 浜松・絵本の店キルヤ 月、木、金 13時〜18時/土、日 11時〜18時/定休日 火、水 期間限定カフェ cafe the eel 1月22日(水)ICHIライブ @ 鴨江アートセンター ICHIライブ

2月6日(木)~ 2月24日(月)コラージュ展示 @ 東京・市東製作所(足立)+ Kisara(荻窪) 2月15日(土)朗読会 @ 三重・津 Volvox

Writer
mikura

Trend words

Recommend

Pickup