COLUMN

子育て・育児

16
Oct
2017

1007 view

WRITER
メル♪
CATEGORY
子育て・育児
TAG

「伝えたい」を伝え合う!「親子サイン」

「伝えたい」を伝え合う!「親子サイン」

親子サイン「グーチョキパー」

「親子サイン」って、知ってますか?

「手話」を元につくられていて、いろんな理由で「発語(声でことばを話す)」が難しい子どもでも、コミュニケーションが取れるようにと考えられたものです。

ただいま思春期まっさかりのわが子も、まだ小さかったころ「親子サイン」クラスに通ってました。

そのとき習っていた先生が「親子サイン グーチョキパー(略して〝グーチ〟」のかおる先生。

あれから12年。

かおる先生の活動は「小さな子ども向けクラス」だけでなく、発達障がいなどの障がいを持つ(あるいは疑いのある)お子さんにも広がっているそうです。

そして、新しく10月25日からは三方原の「えほん文庫」別館スタジオ「プリムベル」クラスも新設されると伺って、取材してきました。

親子サイン「グーチョキパー」

聴覚障がいのお子さんとの手話がきっかけ

かおる先生が親子サインを始めたキッカケは、聴覚障がいの娘さんがいたこと。

次に生まれた下のお子さんにも手話も覚えてほしくて、生まれた頃から手話と声で話しかけていたら、発語よりも先に手話が出始めたとか

また発語ができない赤ちゃんにも、ちゃんと「伝えたい気持ち」があるんですね!

そして手話を使った子育ては、親子のコミュニケーションがより豊かになることも実感して「もっと多くの人に広めたい!」と、NPO法人「生活支援サイン」の認定講師になり「親子サイン グーチョキパー(略して〝グーチ〟」の活動を始めました。
聴覚障がいのお子さんとの手話がきっかけ

こどもの伝えたい気持ちを信じる

最初は「小さな子ども向けのクラス」が中心でした。

そのうちに聴覚障がいのお子さんも来るようになり、発達障がいなどの、発達に遅れのあるお子さん、自閉症のお子さんも増えてきました。

かおる先生の言葉で一番印象に残ったのは「こどもの伝えたい気持ちを信じる」こと。

子どもが、まるで人に無関心に見えたり、1人の世界に閉じこもっているように見えても「絶対に必ずコミュニケーションを取りたいと望んでいるはず」だと信じて、働きかけ続けてほしい。

子どもは聞いていないようで、実は必ず聞いているし、必ず何かを感じてくれているから。


12年の活動を通じていろんな親子を見てきた、かおる先生の確信だそうです。
こどもの伝えたい気持ちを信じる

〝グーチ〟に通っているママにお話をうかがいました

取材では〝グーチ〟に通っているママにもお話しを伺いました。お子さんは自閉症があるそうです。

自閉症スペクトラムの人は、広い意味でのコミュニケーションが苦手とされています。

このママさんもお子さんとコミュニケーションがうまく取れず、専門の先生に「お子さんとの会話は一生無理でしょう。」と言われて悩んでいた時に〝グーチ〟に出会いました。

個人レッスンを受けるようになった最初は、かおる先生とママがレッスンしてる横で、お子さんはずっと1人遊びをしてたそうです

ところが、楽しそうなレッスンの様子に関心を向けるようになって、少しずつママの親子サインや、言葉に興味を持ち出したのです。

そして今ではサインはもちろん、専門の先生から「無理」と言われた、発語での会話もできるようになり、親子で楽しくコミュニケーションを取れるようになりました。

お子さんは特別支援学校に通っているのですが、同じ学校のお母さんたちも〝グーチ〟に来るようになって、楽しいコミュニケーションの輪が広がっているとのこと。

身体も心も丸ごと使ってコミュニケーション♪

聞いてて思ったのは、かおる先生の「親子サイン」のレッスンは「サイン」だけでなく、身体も心も丸ごと使った「みんなが誰でも楽しくコミュニケーションをとる方法」のレッスンだということ。

心を思いっきり開いて働きかけたら、誰だって嬉しいし、誰だって応えたくなるはず。なのに、どこまでできてるかな?

子どもとコミュニケーションをとることを、ついサボってないかな?きっと子どもが大きくなっても、相手が大人でも根っこは同じ。

取材をしながら、大切なことを忘れてた自分に気付かされて、反省しきりでした。

親子サイン・グーチョキパー (プリムベル教室)プレオープン!

2018年春 本格的開講! に向けて、10月25日からプレオープンが始まります。(プレオープン参加者は、開講時に割引特典あり)

3回コース(全回参加できなくても大丈夫です)
① 10月25日(水)10:00〜11:00
② 11月27日(月)10:00〜11:00
③ 12月 9日(土)10:00〜11:00

■ 定員
親子3〜10組
・大人のみもOK!(お一人様でも1組とカウントします)
・2日前までに3組に満たない場合は開講できない可能性があります

■会費
1,500円/ 1回(当日 お支払いください)
キャンセル料 1ヶ月前:無料 2週間前:500円 1週間前:1,000円

■テキスト(1,234円)については、お申し込みの方にご連絡します。

■場所
えほん文庫の別館スタジオ 「プリムベル」
(浜松市北区三方原町2159ー3)

お申し込み・お問い合わせ
「親子サイン・グーチョキパー」 畑かおる
Mail guuchokipaa@hatahatastudio.com
Tel 090-7869-2374

「親子サイン グーチョキパー」クラス紹介

1.聴覚障がいの子を持つ親が先生
娘と息子を手話を使って育てた経験を活かして、ママたちの気持ちに寄り添います。

2.日本の手話がベース
日本の手話(日常会話の簡単な手話)をサインとして使っているので、覚えたものがムダになりません。グーチをきっかけにして、お子さんやママやパパが手話にもっと興味を持った時は、そのまま継続して学ぶことができますし、実際、興味を持たれる方が結構いらっしゃいます。

3.障がいのある子も赤ちゃんもどんな子も
心を伝える言葉は声だけではなく、手話・ジェスチャーなど視覚的に伝える方法もあります。手話は聴覚障がい者のための言語と認識されていますが、言葉がなかなか話せない障がい(自閉症や知的障がいなどの発達障がい)のある子や赤ちゃんにとっても重要なコミュニケーションツールになるのです。手話を交えた歌や遊びを通して、楽しく親子のコミュニケーションを深めましょう!

4.長い期間でサポート
グーチを卒業しても「親子のコミュニケーション」に終わりはありません。年齢が上がりより難しくなるお子さんとの関係に関する相談も受け付けますし、イベントで他の親子さんと交流する機会も企画しています。


レッスンの紹介動画です
   ↓↓↓

「親子サイン グーチョキパー」クラス紹介

開催クラス

個別クラス
ひとりひとりの成長や障がいに合わせた個別対応のクラス
・対象:マンツーマン希望の方(大人のみもOK)
・頻度、場所、時間:個別に相談(出来る限りご要望にお応えします)
・1レッスン60分
・会費:2,000円/回 

グループクラス
気軽にサインと触れ合える少人数グループのクラス
・対象:親子やおともだちとのサイン遊びやサインのうたで楽しい時間を過ごしたい方
・頻度:月2回
・場所:浜松市中区
・時間:金曜AM10:00-11:00(中区)
・会費:1,500円/回

兄弟姉妹の参加についてはお問い合わせください。
お休みになる場合、連絡時期によりキャンセル代がかかるケースがあります。
10日より前→かかりません
10~4日前→300円
3日前~当日→会費全額となってしまいます…。
振替もできますので、ご希望の方はご相談ください♪

お申し込み・お問い合わせ

「親子サイン・グーチョキパー」 畑かおる
Mailguuchokipaa@hatahatastudio.com
Tel 090-7869-2374

ホームページ
Facebook 
ブログ​
お申し込み・お問い合わせ

講師

畑 薫(はた かおる)

生まれつき耳が聞こえなかった長女の、音声にならない心の声を知りたくて、手話を勉強し始めました。
3歳下の聞こえる息子にも、生まれた時から手話と声と両方の言葉かけをしながら育てました。
家族みんなで、同じタイミングで話したり、冗談で笑い合ったりしたかったからです。

その結果、子育てで手話を使うと、赤ちゃんが聞こえる聞こえないに関係なく、声だけで言葉かけをするよりももっと早く、もっと深くコミュニケーションが可能になることを実感!

こんなに楽しく親子の絆を深める子育て法なら、もっとたくさんのママ達に知ってもらいたい!と思い、NPO法人「生活支援サイン」の認定講師になり、活動を始めました。

・NPO法人「生活支援サイン」認定講師
・一般財団法人しつもん財団「魔法の質問」キッズインストラクター、カードマスター
・家庭児童養育「ベビーシッター」技能取得
・手話奉仕員養成事業 基礎課程 修了
・資格試験指導センター 手話通訳士講座 修了
講師

TAG 関連キーワード

LINKS 関連リンク

WRITER メル♪

メル♪

メル♪

「メルライメ」という名前で天然石クラフトとアロマの仕事などしています。 好奇心旺盛につき得意分野は広く浅く、ハンドメイド、食べ歩き、アロマ、オーガニック、スピリチュアル、IT教育などなど。 大阪出身、2002年、2004年生まれの男の子2人がいます。

詳しくはこちら

ON-MO PLUS オススメLINE@のお店

あなたのお店・企業もLINE@を始めて
友だちを増やしませんか?