COLUMN

子育て・育児

14
Jul
2017

480 view

WRITER
SASAKI
CATEGORY
子育て・育児
TAG

放課後を英語圏で生活させてバイリンガルを育てる

放課後を英語圏で生活させてバイリンガルを育てる

学童保育の代わりと考えるママも

こんにちは。
SASAKI です。


お仕事をされているママさんなら
活用されていると思うのですが、
学童保育・・・。

どう思っていますか?

お友達の働くママさんから聞くのは、
●最初に決められていた時間よりも早くお迎えにくるよう言われる
●ボランティアの活動なので、こちらの要望を強く言えない
こんな内容の不満です。

実際、そんな理由で、学童保育を辞められるおうちも多いらしく、
ある程度の学年になると、かぎっ子にしてしまう家庭が
多いとのことです。


そんな愚痴を聞かされていたなか、

『学童の代わりになって、
しかも塾に通わせるよりも良さそうなのを発見した!』


とのことで、早速詳細聞きに行ってみました!

 

放課後、バスがお迎えにきます

どんなところかというと。

学校、または近所の公共の施設まで
放課後バスがお迎えに来てくれる
英語で預かる学童保育。


ひらたく表現するとそんな感じなのですが、
学校が終わると、親は送迎の必要なく
安全に施設まで連れて行ってくれるので
学童の代わりに利用する親御さんも増えてるそうです。

学校からのお迎えだけでなく、帰りの自宅付近までの送りもお願いできます。

親がお迎えに行くことも可能で
1番遅くて19時半まではいさせてくれるそうです。


明確に言うと、13時半19時半まで預かってくれるそうなんです。(最大延長20時半)



けっしてお安くはないですが、最近はこういうサービスを提供するところが
増えてるようなんで、初めて知った私はビックリ!!

確かに、月曜から金曜までかぎっ子で一人でいさせるよりも
週に何回かだけでもこんなふうに預かってもらえたら
教育の面でも安全の面でも安心です。


でも、詳細を聞いていったら、メリットはそれだけじゃありませんでした!

 
放課後、バスがお迎えにきます

お世話してくれる先生はネイティブ、バイリンガルばかり

これまでお話ししてきた英語教室は、中区の中央と佐鳴台にある
『Kids Duo(キッズ デュオ)』さんです。


こちらでは、教室に来たらお話しする言葉はすべて英語。
子どもたちの耳にはいってくる英語も、
お世話する先生たちの話す英語もすべてがネイティブ。
自然な英語で、子どもたちを英語漬けにして、
日常生活を通じて英語を身につけさせるという方法を
実践しているそうです。

実際、プリスクールとして、幼稚園の代わりに通っている
お子さんもいらっしゃるようで。
そんなコたちは、もうあっという間に本場の発音の英語を
話すみたいですヨ。

すごいですよね・・・。

注意!語学習得の臨界期までしか入会できません!

よく、ネイティブな英語を習得させたいのなら
少しでも早く始めたほうがいいって聞きますよね。

人間の聴覚の成長ピークは4才だそうです。
なので、それ以前に耳を慣らすことが必要だということは
ご存知の方も多いと思うのですけど。

人って、自分の取り巻く環境によって、成長に必要なものと
必要ないものを判断して大人になってゆくそうなんです。
英語を聞き分けるのに必要な聴覚って、日本語とは全く違う周波数だそうで。
その聴覚を成長させるための臨界期が9歳とされるそうなんです。

逆に言うと、9歳までに始めた子とそうでない子の間には
語学習得に差が出るってことらしいんですよ。

というわけで、キッズデュオさんの入会は小学4年生まで。

5年生6年生のお子さんは、帰国子女であったり、
キッズデュオさんのような環境で英語に慣れ親しんでいる経験が
ある子しか入れないそうです。

 
注意!語学習得の臨界期までしか入会できません!

現状でお迎え可能な小学校名を聞いてきました

浜松市には中区の中央と佐鳴台に教室があるキッズ デュオさん。
お迎えが可能な小学校は残念ながら限りがあります。

【中央校】
・東小学校 ・北小学校 ・西小学校 ・船越小学校 ・竜禅寺小学校 ・浅間小学校 ・追分小学校 ・中部小学校 ・佐藤小学校 ・相生小学校 ・双葉小学校 

【佐鳴台校】
・鴨江小学校 ・広沢小学校 ・佐鳴台小学校 ・大平台小学校 ・可美小学校 ・冨塚小学校 ・冨塚西小学校 ・入野小学校

※その他小学校でも入会希望される方はお問合せしてみてください。


 
現状でお迎え可能な小学校名を聞いてきました
私が個人的にすごいと思ったことがあるんですけど。

それは、英語教育に、フォニックスを取り入れてることです。
詳細はコチラで https://matome.naver.jp/odai/2135227941713152601

それに、英語教育に力を入れているということだけでなくて、
放課後という長い時間を過ごすということに考慮した、
生活の中でのしつけにも重きを置いてくれています。

通ってくる生徒は、学童で放課後を過ごすのと同様、
様々な学年の子供たち。
そして、英語力に差がある子どもたちだそうなので、
そのコミュニティで培われる情操教育にもメリットを
感じざるを得ませんでした。

ご希望のお子様には英検対応のサポートもしてくれるそうです。

学校の宿題も終わらせることが出来るみたいなんです。


学童に入れる必要がない私も
英語を習得させるという点で通わせたくなりました!

ママ友と、「あとの問題は金額的なものだねー」となりましたが、
預ける時間の長さ、子どもが習得するあれこれを考えると
決して高くはないのかもねーって話しになりました!



ご興味のある方は、お子さんが臨界期を過ぎる前に是非!!

夏休みにはサマースクールがあるようなので
夏休みから初めてみるのも良さそうです!





■キッズデュオ 
http://www.kidsduo.com/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=search_000
上記サイトに、問合せフォーム、無料体験の申し込みフォームがあります。

 

TAG 関連キーワード

LINKS 関連リンク

WRITER SASAKI

SASAKI

SASAKI

生まれも育ちも浜松です。学生時代は東京にいましたが、それでも長期休暇はいつも帰省してきちゃってた、浜松大好き!2児の母です。オシャレ大好き! 甘いモノ大好き! 流行大好き! なミーハーちゃんですが、チャラっと見えても、子育て・教育は自論を持ってビシッときちんとしています。頑張るのは大キライ。旦那様の手のひらで自由に生きてる、おうし座・B型です。よろしくお願いしまっす。

詳しくはこちら

ON-MO PLUS オススメLINE@のお店

あなたのお店・企業もLINE@を始めて
友だちを増やしませんか?