COLUMN

子育て・育児

24
Mar
2017

597 view

WRITER
りっちゃん
CATEGORY
子育て・育児
TAG

男の子の親あるある ~カブトムシ飼育編~

男の子の親あるある ~カブトムシ飼育編~

友達が幼虫に困ってますLINEをくれたので

先日、友達からLINEが届きました。

カブトムシの幼虫いらないよね?80匹いるんだけどー! 


ぇ。


80匹!?


私は全く興味ないんですけど、とりあえず長男に聞いてみることに。

答えはやっぱり男の子ですね!「育てたい!」と即答。
うまく育てられるか分かりませんが意見を尊重して、20匹分けてもらいました。
友達が幼虫に困ってますLINEをくれたので

支度するモノを揃えてみました!

スマホでサクっと調べられる良き時代に感謝しつつ、いろいろ聞いたり調べてみました! 

まず、スペースがある場合は洋服を入れる押し入れケースで飼育するそうです。 
確かに大きい箱の方が、幼虫もゆったり育ちそう。
でも、カブトムシを育てるための大広間は用意できず。

スペースがなかったり、押し入れケースがない場合は一匹ずつ2リットルペットボトルに分けて飼育すると書いてあったので、あるだけの2リットルのペットボトルを集めてみました。 

そして、頼りになるホームセンター「カーマ21」さんでカブトムシ育成マットというものが売っているので、それを買ってきます。 
さらに腐葉土を混ぜるともっといいらしいのです。
ちょうど近所の畑をやってる人に広葉樹(サクラやケヤキ)の落ち葉を、わざわざ腐葉土にして野菜栽培をしている方に相談したら分けてもらえました。

ちなみに、針葉樹(マツやスギ)では腐葉土にならないそうです。
なかなか腐葉土が身近にはないと思うので、カブトムシ育成マットをホームセンターなどで買うときに腐葉土も用意しちゃいましょう!
支度するモノを揃えてみました!
まずはペットボトル集め
2リットルペットボトルの頭をカッターで切り取ります
腐葉土とカブトムシ育成マットを混ぜる

いよいよ幼虫を触る!

私、、、怖すぎて触れませんでした、、、!

長男、えらいな!
いよいよ幼虫を触る!
とっても優しく持つ手に感心(幼虫じゃなければもっと感動したかも・・・)

壁と塀の間に置いてみた

たまに霧吹きなどで水をかけ、餌になる育成マットを入れ替えていくらしいんです。
これは、長男も私も頑張り時!

20匹の幼虫が成虫になるように頑張って霧吹きします!

霧吹き以外は、長男に任せるってことで!
壁と塀の間に置いてみた

みんな元気に土から出ておいで~♪

男の子のママは避けて通れない昆虫系。

子どもと一緒に勉強しなくちゃ!
みんな元気に土から出ておいで~♪

TAG 関連キーワード

LINKS 関連リンク

WRITER りっちゃん

りっちゃん

りっちゃん

男の子二人の働くママです。実兄と主人と私、アルバイトの方々で寿司居酒屋をやってます。 33歳で長男を、39歳で次男をうんだ高齢出産。 日々の楽しくて美味しいこと、ジャンクもナチュラルも大好きです!

詳しくはこちら

ON-MO PLUS オススメLINE@のお店

あなたのお店・企業もLINE@を始めて
友だちを増やしませんか?