COLUMN

おでかけ・レジャー

15
Jun
2017

403 view

WRITER
aranyos
CATEGORY
おでかけ・レジャー
TAG

雨の日のお出かけにいかが?《東海大学海洋科学博物館》

雨の日のお出かけにいかが?《東海大学海洋科学博物館》

雨降りの時期だからこそ、充実の屋内施設へGO~!!

外は雨…
パワー有り余る子供たちを、さてどこへ連れて行こう…

そんな時にこそ、オススメの場所があります!

静岡市にある、東海大学の海洋科学博物館。
ちょっとした遠足気分で、行きの車中はニモやドリーのDVD鑑賞会で、気分を上げて⇗⇗⇗
大興奮した後の帰り道は、車中爆睡間違いなしです!

実は…今日・明日と、この記事は2本立て!!!

明日は同じ敷地内にある恐竜博物館こと《東海大学自然史博物館》のご紹介です。
是非両方の記事をご覧頂き、どうせ行くなら一度に両方行っていただきたい!!

何故かというと…
大人の事情ですが(笑)

東海大学の《海洋科学博物館》と《自然史博物館》
この2館、単館の入場だと、入場料が
海洋科学博物館 大人1500円・小人750円
自然史博物館 大人1000円・小人500円

しかし、しかしですよ!!
共通券を購入すると
大人1800円・小人900円で済むのです♪

つまり大人700円、小人350円割安になりお得です¥¥¥


これは、もう共通券を買って、一度に2館行った方が断然お得ですよ(笑)
そうすれば、子供は大喜び、お財布にも嬉しい!

…ってわけで、ちょっと早起きして、魚も恐竜も満喫しましょ♡

では、第一弾《海洋科学博物館》編スタート!!

第二弾の《自然史博物館》編はこちらからどうぞ!!
雨降りの時期だからこそ、充実の屋内施設へGO~!!

迫力満点の大水槽から、子どもの目線に合わせた展示まで!!

吹き抜けの大ホールに、ドドーンと大迫力の大水槽!
薄暗い大展示ホールに浮かび上がる、雄大に泳ぎ回るエイやサメ、魚の群れ…
(一番上のメイン画像が大水槽の写真です)

周りにはベンチがいくつもあって、ゆっくり腰かけて眺めるもよし。

大水槽の足元には、クッション台があって、子どもたちが寝ころびながら、
泳ぐ魚の姿を目で追っています。

ここ、展示に色々な工夫を凝らしていて、子どもも大人もラク~♪に見て回れます。

まず嬉しいのが、水槽に届くように子どもを抱っこする必要がない!!!
これ重要です!

どの水槽や展示も子どもの目線に設置されているので、
子どもたちが自分たちで自由に見て回れます。

そして、色々な仕掛けがたくさん!

水槽横のレバーを上下させると…
水槽内に波が発生して、波に揺られる魚が観察できたりします。
迫力満点の大水槽から、子どもの目線に合わせた展示まで!!

くぐったり、もぐったり、水槽の形にも工夫がいっぱい!

色々な角度から魚を近くに見られるように、水槽の形にも工夫が凝らされています。

トンネルをくぐると、水槽の中に入ってしまったような感覚になれたり…
大水槽の下には地下トンネルみたいなのがあって、階段を降りていくと、
泳ぐ魚のお腹が見えたり…
頭上をサメやエイがユラユラ泳いでいたり…
底の方に佇んでいるネコサメと目があったり…

中から、下から、横から…
色々な見方をすることで、また違った発見もあります♪

子供専用レーンが設置されているので、背が届かない小さな子を抱っこする必要もなく、
大人も子供も無理なく鑑賞できます。
くぐったり、もぐったり、水槽の形にも工夫がいっぱい!

「知りたい!!」知的好奇心にもバッチリ応えてくれます♪

それぞれの展示説明は、「ザ・解説」のような専門的なものではないのでサラリと読めます。

もっと深く知りたい人には、展示横に解説が置かれているので、
お父さん・お母さんがこの解説書を見ながら、
「このリュウグウノツカイって、捕まえたときは紫色だったんだって~」
などと話してあげるのも良いですよね。
「知りたい!!」知的好奇心にもバッチリ応えてくれます♪

説明と言えば…ここの説明、本当に面白いんです(笑)

普通、水族館の説明って、ちょっと難しいことが書いてるようなイメージないですか?
でも、ここのは違うんですよ。

なんと!魚屋さんの説明みたいなんですよ~

「天ぷらにして食べると美味」
「食用。南蛮漬」
「煮つけにするとうまい。」

などなど…
すごく参考になります(笑)

普段、説明なんてすっ飛ばしている私も子供も、
ここの説明書きは笑えるのでついつい真剣に読んでしまいます(笑)
説明と言えば…ここの説明、本当に面白いんです(笑)

世界でもココだけ!大人気!機械のサカナ「メカニマル」

2階のマリンサイエンスホールでは、
世界でも唯一ココだけで見られる
魚の動きを機械で再現した「メカニマル」の実験ショーもあります。

このショーが大人気で、ショー開始の館内放送があると、
子供たちが、…特にお父さんと息子たちがワラワラと寄ってきます(笑)

「メカニマル」を操縦できるコーナーもあって、
海の生物の動きの複雑さを実感することが出来ます。
世界でもココだけ!大人気!機械のサカナ「メカニマル」

夏休みの自由研究もできる、ピッタリな空間!

様々な海の生物の標本や骨格、写真集、大図鑑、自由研究資料などもあります。

研究員さんが居てくれる時間帯には、色々と質問も出来て、応えてもくれるそうです。

これからの季節、夏休みの自由研究での調べものをするにも最適な場所です。
夏休みの自由研究もできる、ピッタリな空間!

タッチプールもあります!

「クマノミキッズ」という子供ゾーンには…

☆ゴロゴロ遊びができるコーナー
☆海の生き物に触れられるタッチプール
☆絵本コーナー
☆パズルなどの遊具コーナー


…などもあるので、
ちょっと飽きてしまった小さなお子さんは、ここで遊ぶのも良いですね。
タッチプールもあります!

赤ちゃん連れにも安心♡

嬉しいことに、このクマノミキッズの子供ゾーンに隣接してベビールームも完備!

入り口は「空・使用中」を表示出来て、ドアが閉められるようになっています。

中は浄水のお湯と、洗い場、オムツ交換台、授乳できるソファまで。

これなら、隣接の子供ゾーンで上の子を遊ばせながら、
下の子の授乳やおむつ替えも出来ますね♪

子連れだと荷物も多くなって大変ですが、
ここにはロッカーもあるので、身軽に見学できます
赤ちゃん連れにも安心♡

《東海大学 海洋科学博物館》

住所:静岡市清水区美保2389

電話:054-334-2385

開館時間:9時~17時

火曜休館  *7・8月の火曜日は開館

公式サイト→東海大学 海洋科学博物館

★★★★★★
明日は…
隣接する《東海大学 自然史博物館》のご紹介記事をアップします!
2本立てのセットで読んでみてくださいね♪


→記事の内容はこちらから!

 

TAG 関連キーワード

LINKS 関連リンク

WRITER aranyos

aranyos

aranyos

大阪出身。浜松在住歴10数年。 イケメンならぬイクメン夫と、のんびり長男、超マイペース長女、爆走次男、イビキのうるさい愛犬の5人+1匹家族 。浜松周辺の美味しいお店、見どころ、お出かけスポットを求めて、元気に走り回っています。 でも実はインドア派。手芸・読書・料理・映画大好き。好きなものを求めてアンテナ張ってま~す!!

詳しくはこちら

ON-MO PLUS オススメLINE@のお店

あなたのお店・企業もLINE@を始めて
友だちを増やしませんか?